レインボーフラッグ

ハーヴェイ・ミルクが生きた時代に、ミルクと一緒に選挙活動を行ったひとたちは数多くの方々が在命中です。「ミルク」が映画化されることになり、その時の仲間が撮影現場へ音連れ増した。レインボーフラッグはLGBTの社会運動を象徴する旗でもあり、また LGBTコミュニティの多様性を表すものですが、レインボーフラッグを考案したギルバート・ベイカーは、ハーヴェイ・ミルクと友人でデモの横断幕を作って欲しいと頼まれて作ったこともありますが、撮影現場でショーン・ペンが演じるハーヴェイ・ミルクを見たときに、何度もミルクじゃないか?と錯覚したと言っています。ミルクの英語はニューヨーク訛りですが、ショーン・ペンが演じるニューヨーク訛りの英語で、見た目だけではなくミルクそのものだった。と当時の仲間が30年前に戻ったように思えました。

アメリカの映画

レインボーフラッグの必要性

ショーン・ペンはこの作品で、自身2度目となるオスカーを受賞していますがその時の受賞スピーチでは「ロサンゼルスの同性愛者たちありがとう!」と語り、つづいて、監督へといった関係者へ感謝の言葉を述べた後に、「同性愛者同士の結婚に反対している人たちは、反省して恥を覚えるべきだと思う。」とピシリとショーン・ペンらしいストレートな言葉で述べました。

ハーヴェイ・ミルクが暗殺された時代には、今とは比べ物にならないほどゲイに対して社会から厳しい目で見られ公然と暴力が振るわれていた時代です。ハーヴェイ・ミルクの友人でアーティストのギルバート・ベイカーは、ハーヴェイ・ミルクが暗殺される約半年前の1978年6月25日に、レインボーフラッグを「ゲイ・フリーダム・パレード」で初使用しています。その時のパーレドには、レインボーフラッグが2本使用されました。

そしてハーヴェイ・ミルクが暗殺された11月27日以降にさらに、レンボーフラッグの需要が高まり色々な場所でレインボーフラッグが使われるようになりました。

レインボーフラッグの理由

レインボーフラッグを製作したのは、当時サンフランシスコに暮らしていたギルバート・ベイカーです。どうしてレインボーだったのか?!という理由となっているのが、ライザ・ミネリの母ジュディ・ガーランドが「オズの魔法使い」の中で歌った劇中歌の「虹の彼方に」にインスパイヤーされたからです。♪Somewhere over the Rainbow♪というメロディーは、日本でも広く親しまれている歌ですが、この曲を歌ったジュディ・ガーランドが当時としてはとっても珍しいことに同性愛者に対して寛容な姿勢を表明していたからです。(ジュディ・ガーランド自身がバイだったとも)

そんなジュディ・ガーランドをゲイたちも大好きで、彼女はアイコン的な存在でした。1969年6月22日に彼女が47歳で泣くなり、彼女の葬儀の夜に彼女の死を悼んで6月28日にニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」でゲイたちが集まりジュディ・ガーランドを偲んでいた時に、警察の入れがありいつもは抵抗することなかったゲイ達もよりよって、ジュディを悼んでいるこの日に!と怒り、手持ちのビール瓶などを投げて、警察に対して徹底抗戦をしたと言われています。

ジュディ・ガーランドがなくなって1年後の1970年6月末に、ニューヨークで初めてとなるゲイパレードが行われましたが、その時にジュディを代表する曲の「虹の彼方に」がゲイパレードのテーマ曲として使われているので、サンフランシスコに住んでいたギルバート・ベイカーも♪over the Rainbow♪に影響を受けてレインボーフラッグを製作しました。

ギルバート・ベイカーが一番最初に製作したレインボーフラッグの色は8色で、それぞれの色に意味が込められています。ミルクが在命中にレイボーフラッグはサンフラシスコのゲイパレードで初披露されていますが、ミルクが暗殺されたことでレインボーフラッグの需要が高まります。ところが、ピンクの生地の調達ができなかったために、需要にこたえる形で製作したレインボーフラッグはピンクの色なしの7色でフラッグが製作されて販売されました。それからいろいろなバージョンのレインボーフラッグが登場していますが、LGBTの人々の持つ象徴としての意味として色々な場面でレインボーフラッグがつかわれています。

ドキュメンタリー映画を見る

ライフスタイルが多様化している現代のお部屋選びは、人それぞれの希望があります。そんな時代の流れに伊勢崎 賃貸は対応してまいります!

8色のレインボーフラッグ

  • ピンク・・・sexuality セクシャリティ
  • 赤色・・・life 生命
  • だいだい色・・・healing  癒し
  • 黄色・・・sunlight 太陽
  • 緑色・・・nature 自然
  • ターコイズ・・・magic・art  魔術・ 芸術
  • 藍色・・・serenity・harmony 平穏・ 調和
  • パープル・・・spirit 精神

タメになる映画

格安の英会話スクールといえばイングリッシュ・ビレッジなのです。スクールのポリシーとして、「英会話」はお金儲けの手段ではないと考えています。