希望がなくては生きていけない

「希望がなくては生きてはいけない」:You Cannot Live On Hope Alone、というハーヴェイ・ミルクの有名なスピーチがあります。「希望のスピーチ」といわれるハーヴェイ・ミルクの演説は、選挙演説だけではなくいたるところで行われました。

ミルクが活動していた1971年代は、今とはかなり違いゲイやレズビアンたちへの風当たりは大変強いものがあり、また有色人種に対してもかなり風当たりの強い時代でした。そのような状況を少しでも改善しようとハーヴェイ・ミルクは自分が同性愛者であることを公言した中での選挙活動です。ハーヴェイ・ミルクは、演説の中で「COME OUT」を呼びかけます。意味は「ゲイであることを公言する」ということを意味しています。今ではごく一般的に使われている「COME OUT」という言葉もl、秘密にしていたことを公にするとととして、一般的につかわれていますがハーヴェイ・ミルクは1970年代にCOME OUTをやってのけたのです。

アメリカの映画

各企業様へ直接取材をし、動画と写真を使い、会社の情報をできるだけ詳しく提供できるサイト構成をしています。本気で転職を狙うならドラEVERをぜひご利用下さい!あなたの求職活動に役立つコンテンツ満載です。

希望のスピーチ

2012年11月アメリカ大統領に就任したバラク・オバマ大統領のスピーチで「黒人でも白人でも、ヒッパニックでもアジア人でもネイティブ・アメリカンでも、若くても年を取っていてお、豊かでも貧しくても、障害があってもあっても、ゲイでもストレートでも関係ない。もし、あなたにチャレンジする気持ちがあるなら、ここアメリカで夢を叶えることができる。」という演説がありますが、ハーヴェイ・ミルクの希望のスピーチでも同じような内容と言葉がスピーチされています。

20世紀の100人の英雄となった

ハーヴェイ・ミルクはゲイであることをCOME OUTしてサンフランシスコ市会議員として当選していますが、市会議員となり就任して1年が経過しないうちに同僚議員から射殺されて48歳という若さで亡くなりました。

ミルクを射殺した同僚議員だったダン・ホワイトは、結婚して子供がいますがクローゼット・ゲイと言われるゲイであることを隠している人だったという説もあります。実際ノハーヴェイ・ミルクは命を狙われていることを知っていて、身の危険を感じていましたがさらに同僚議員でしかもミルクと同じく1年生議員として当選したダン・ホワイトがクローゼット・ゲイだと言って怯えていたそうです。マッチョで元警察官でガチガチ保守のホワイトは、マッチョを演じていながらももしかすると自身がゲイであることを隠して抑圧されていたからこそ、COME OUTして自由に振舞っているミルクを敵視したのかもしれません。

ドキュメンタリー映画を見る

モーニングのレンタルで他店様より高ければご指摘下さい!モーニングのレンタル京の夢小路はインターネット専業の貸衣装店です。モーニングはもちろん、振袖や着物も多数ご用意がございますので、ぜひ一度のぞいてみてください♪

希望なしでは・・

ハーヴェイ・ミルクの有名な「希望なしでは」の演説にオバマ大統領の演説の類似点を多く感じます。それはオバマ大統領がアメリカ合衆国大統領として初めて同性婚を就任演説で行ったことは、LGBTの運動の成果があればこそです。1978年に射殺されたハーヴェイ・ミルクがもし、この就任演説を聞いたらどんなにか喜んだことでしょう。

ミルクの希望の演説で 「希望なしでは、同性愛者だけでなく黒人もアジア人も、障がい者もそして年老いた人たちも、私たちマイノリティーは希望がなくなれば諦めるしかないんだ。もちろん希望だけでは、生きていけないことはわかっている。それでも、希望がなければ生きる価値はないんだ。君たち、そう君、きみたちみんなが彼ら(マイノリティ)に希望を与えなければいけないんだ」

“Without hope, not only gays, but those who are blacks, the Asians, the disabled, the seniors, the us’s: without hope the us’s give up. I know that you can’t live on hope alone, but without it, life is not worth living. And you, and you, and you, and you have got to give them hope.”

タメになる映画