ミルクの功績は今も生きる

用意周到にそして金属探知機を避けて半地下窓から侵入して、マスコーニ市長とハーヴェイ・ミルクを冷静に沈着に頭部に2発も打ち込む冷静さで殺害したダン・ホワイトに下された判決が、たったの禁固刑7年8ヶ月というあまりにも軽すぎる判決だったことにサンフランシスコの市民達は怒ります。そしてその怒りは「ホワイト・ナイツ・ラリオット」と呼ばれる「ホワイト・ナイツの暴動」となり、激しい抗議そして混乱へとなりました。

アメリカの映画

紙袋工房はかんたん注文!5秒で自動見積ができます♪見積書作成もワンクリック!紙袋・手提げ袋の専門店紙袋工房はオリジナル紙袋を中心に約25,000通りから選択自由です。高品質・激安で製造いたします♪
資格とは自分自身が目標達成のために頑張った目に見える『証明』!医療事務 専門学校で資格を取得することがきっと大きな自信になるはずです。

ホワイト・ナイトの暴動と殉教者になったミルク

ダン・ホワイトの評決が伝えられると、すぐにゲイコミュニティーの中に評決の知らせが伝わりました。そして軽すぎる判決に怒った人々の集団が、官庁街へと足が向かいます。そして官庁街にかなりの人数が集まり激怒した群集達は、死罪を要求して警察官に向かって叫び始め怒りが復習へと向かわせます。ダン・ミルクへの軽い判決が群集を復讐へと向かわせ暴動へとなりました。

多くのパトカーに火をつけて、また市庁舎にも火の手が上りました。バスの架線もひき裂いたので、交通は混乱。そして商店の窓を破壊したり自動車の窓も破壊していきました。怒りの矛先は警察官へもむかい、警察官にいも暴力が振るわれて、この暴動がきっかけで160人以上の人たちが負傷して入院することになりました。

ダンが服役した後

ハーヴェイ・ミルクとマスコーニ市長を射殺して、7年8ヶ月という禁固刑を受けたダン・ホワイトはというと、5年間の服役で仮釈放になりました。あまりにも早い服役で終わっているのが驚きですが、わずか5年の服役での仮釈放となっているのは事実です。ダン・ホワイトが服役中に、ホワイトの妻は2人目の子供を出産していました。誕生してきた子供は障害を持って誕生してきたこともあって、ホワイト自身は生まれてきた子供は自分が殺人を犯したゆえの神罰だと考えていたようです。

そしてマスコーニ市長も凶弾に倒れたため、サンフランシスコ市長の座に昇格したのはサンフランシスコ市議会議長だったダイアン・ファインスタインです。彼女は出所したホワイトがサンフランシスコへ戻ることを望まないということを公言していました。しかしホワイトは仮釈放してから1年後に、サンフランシスコへと戻ってきました。

当然ながらダン・ホワイトを歓迎する人などいない状態で、ホワイトは孤立してきます。そして3人目の子供も授かっていますが、ホワイトの孤独と孤立は深まっていき、1985年にダン・ホワイトの妻の家のガレージで自殺していますが、自動車の排気ガスを吸引しての自殺でした。

ドキュメンタリー映画を見る

殉教者となったミルク

ダン・ホワイトは自分の行った犯行のため、刑期は短くすみましたが結果的には孤立した状態で自殺という道を自らが選びましたが、ホワイトによって殺害されたハーヴェイ・ミルクはというと、ゲイの権利運動のために亡くなった殉教者となりました。ハーヴェイ・ミルク自身が自らがゲイであることを公言して、ゲイやマイノリティといった社会的弱者の権利を獲得するために、「若者たちに希望をあたえるため」に暗殺予告がされている中でも活発に臆することなく活動していたからです。

ハーヴェイ・ミルクの功績をたたあえて、ハーヴェイ・ミルクと名前にちなんでハーヴェイ・ミルク研究所やハーヴェイ・ミルクプラザというように彼の名前がつけられているコミュニティなどがあります。そしてハーヴェイ・ミルクが暗殺されて30年を追悼して、2008年にはサンフランシスコ市庁舎内には胸像も設置されています。ハーヴェイ・ミルクの胸像の台座には、公募で選ばれ言葉が刻まれています。ミルクの有名な演説の「若者たちには希望が必要だ」という言葉が刻まれていて、ミルクの目指した社会と若者達へ希望が持てる社会への理念が今でも行き続けていることを伺えます。

「タイム誌が選ぶ20世紀の英雄・象徴的人物100人」のひとりに1999年6月にハーヴェイ・ミルクが選出されたほか、2009年には大統領自由勲章が授与されたほか、毎年サンフランシスコでは、ミルクが暗殺された11月27日にマスコーニ市長とハーヴェイ・ミルクを追悼するキャンドルライト・マーチが行われています。

おすすめ情報

半年前にサイトのペナルティ解除を依頼してるのに未だ解除される気配がない…ペナルティ解除 そらいろがあなたのそんな悩みを全て解決します!ペナルティ解除の事でお困りでしたら株式会社そらいろにご相談ください。